• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 投資するならどっちがいい?新築マンションと中古マンションのメリットを比較

2017-03-03

投資するならどっちがいい?新築マンションと中古マンションのメリットを比較

01


さあ、不動産投資を始めてみよう!と思い立ったときに、まず悩むのが物件選びです。投資が成功するかどうかは物件選びにかかっているといっても過言ではないので、慎重に決めたいところです。

ここで一つ気になるのが、投資するなら新築マンションと中古マンションのどちらがいいのか、ということですね。実は、一概にどちらがいいといえるものではなく、どちらにも一長一短があるのです。

この記事では、新築マンションと中古マンションの投資メリットの違いを比較していきます。投資の際にはそれぞれのメリットを把握して、より自分に合っていると感じたほうを選ぶようにしてくださいね。

新築と中古ではメリットが異なる

同じマンションであっても、新築と中古では投資メリットが大きく違ってきます。もちろん、投資先を選ぶ際に最も重要なのはそのマンションは魅力的であるかどうかですが、そこに新築か中古かを加味すると、よりよい不動産投資が可能になるはずですよ。

では、以下からそれぞれのメリットを比較していきますね。

新築マンションに投資するメリット

まずは新築マンションに投資するメリットからです。

少ない自己資金で投資できる

意外に思うかもしれませんが、実は少ない自己資金で投資できるのは新築マンションのほうなのです。というのも投資をする際、多くの人がローンを利用しますが、新築マンションのほうが融資の最大額が大きくなるためです。

基本的に新築マンションは人気があり、空き室率は低くなる傾向にあります。そのため、毎月の家賃収入が安定しやすいのです。これに期待して金融機関も多額の融資をしてくれるのですね。

空き室率が低い

上述しましたが、新築マンションは空き室率が低くなりやすいです。入居者がいなければ家賃収入はゼロになってしまうので、これはとても大きなメリットになります。

資産価値が高い

マンションは築年数が経過するほど資産価値が低下していきます。もちろん例外もありますが、多くのマンションがこの法則にあてはまります。

つまり、新築マンションは中古マンションよりも資産価値が高いことが多いのですね。そして、もしマンションを売却することになった場合にこのメリットが大きく活きてきます。

当面の修繕費が必要ない

新築であればもちろん内装や設備なども新品ですから、しばらくは修繕の必要もなくそのまま使えます。

修繕費用は思ったよりも高くつくものです。運用にあたって余計な費用が発生しにくいというのは嬉しいですね。

中古マンションに投資するメリット

02

それでは次に、中古マンションに投資するメリットについて見ていきましょう。

利回りが高い

中古マンションは新築よりも利回りが高く設定されていることが多いです。ただ、提示されている利回りは満室の場合の数字であることが多いので注意しましょう。

新築に比べて入居者を集めるのは大変ですが、その分見返りは大きいということですね。

新築と比べて価格が安い

中古マンションはある程度築年数が経過しているということもあり、比較的落ち着いた価格設定になっています。

新築では「新築」というネームバリュー分の金額が上乗せされていますが、中古マンションでは本来の価値が反映されている価格である場合が多いと考えることができますね。

物件が多い

新築マンションより物件数が多いのも中古マンションの特徴です。新築では少ない物件数に買い手が多くつくので競争も激しくなりますが、中古ではそういったことはあまりありません。

また、数が多いということは中に優良物件が隠れている可能性が高いということです。じっくり条件に合う物件を探して、納得できる物件選びをしましょう。

おわりに

ここまで紹介したメリットが全ての物件に当てはまるとは限りませんが、こういった傾向があると考えておきましょう。また、最初から新築、または中古にこだわって探すと、優良物件を見逃してしまう可能性があります。

まずは全体を見渡し、いくつか候補を絞ったうえで、これらのメリットを加味して投資先を決定するようにしましょう。