• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 老後のために真剣に考えたい年金代わりとして不動産投資をするメリット

2017-03-03

老後のために真剣に考えたい年金代わりとして不動産投資をするメリット

01


最近、年金の受給開始となる年齢がさらに引き上げられるのではないか、と話題になっています。

現在、年金は65歳から受け取ることができる制度になっていますが、このまま少子化が続けば今の年金制度を維持するのは非常に難しくなると予想されており、いずれは自分にも関わってくる問題なので注目する必要があるでしょう。

その影響もあってか、年金で老後の十分な生活費を捻出できるのだろうか・・・と不安に考えている人も多いと思います。そこでオススメしたいのが不動産投資です。不動産投資は不労所得に限りなく近いともいわれており、上手く運用できれば老後のための保険ともなりえます。以下で不動産投資の具体的なメリットについて見ていきましょう。

将来、年金だけで生活できるか不安

年金を老後生活の際の生活費としてあてにしている人は多いでしょう。しかし、受給開始年齢の引き上げ、受給額の減額、止まらない少子化と、現在の年金制度がこれからも続いていく保証はどこにもありません。

だからこそ、自分で資金を運用し、老後のために十分な資産を作っておくことが大切です。不動産投資は素人には難しすぎるのではないか、と思うかもしれませんが、管理会社に運営、管理を任せればほとんどの業務を彼らがこなしてくれます。

現代ではただ銀行に貯金をするのではなく、「お金に働いてもらう」ことが重要とされています。将来の保険代わりとして、不動産投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

年金代わりとして不動産投資をするメリット

02

不動産投資にはたくさんのメリットがあります。順に見ていきましょう。

家賃収入を生活費に充てられる

ある物件を購入して、その物件に入居者が決まれば、毎月安定した家賃収入が生まれます。これはまさに年金代わりになりえるもので、入居者が多く入ればそれだけ家賃収入も増え、生活も安定しますね。

また、入居者が誰もいなくなって家賃収入がゼロになってしまう、いわゆる空室リスクもサブリース契約と呼ばれる契約を結ぶことで回避可能です。

株とくらべて大幅下落するリスクが低い

投資の中で特に人気のある株やFXは、ややハイリスクです。大手企業であろうと一つの不祥事で経営が傾くこともありますし、いつ赤字倒産するかも予想できません。もし株を所有している企業が倒産してしまえば、その瞬間からその株価は0円になってしまいます。

しかし、不動産ならそのようなリスクはほとんどありません。突然価値がゼロになることは滅多にありえませんし、いくらか資産価値が下がろうとも一定の収入は確保されることが多いです。

つまり、老後のための保険として運用することと、とても相性がよいといえます。

亡くなっても資産として残る

運用中に本人が亡くなってしまっても、もちろん価値は変わりませんし、そのまま資産として残ります。数十年と非常に長い期間に渡って価値を維持できるのが不動産の強みです。

また、賃貸物件として運用していれば、相続税や固定資産税の減税措置を受けることもできます。

老後を安心して暮らすための準備のひとつ

老後のための保険となりえるものはもちろん不動産投資だけではありません。最近は民間型の年金制度もメジャーになってきていますし、株を所有して配当に期待するのも十分に将来のための保険として機能するでしょう。

大切なのはリスク分散という考え方です。一つだけに執着すると、もしそれが突然ダメになったときに何もかもを失ってしまいます。資産を分配して運用しておけば、一つがダメになったとしても数十パーセントは残すことができるでしょう。

不動産投資は老後を安心して暮らすための準備のひとつだということです。

おわりに

不動産投資のメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットや多少のリスクも存在します。しかし、信頼できる不動産会社を選び、入念な下調べ、準備をおこなってから投資を行うことでデメリット、リスクを最小限にできます。

不動産投資はどうしてもある程度の専門知識が必要になります。やはりプロと相談して、苦手な部分を上手くカバーしてもらえるような信頼できるパートナーを探すことをオススメします。