• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 中古マンション買う人集まれ!レインズと不動産屋の仕組みを理解しよう

2016-11-08

中古マンション買う人集まれ!レインズと不動産屋の仕組みを理解しよう


1

中古マンションを探している際に「レインズ」という言葉を聞いたことはありませんか?今まで、マンション購入の方法といえば、不動産屋から希望に合ったマンションを紹介してもらい、提示された価格で購入することが一般的でした。

しかし、レインズを上手く活用すればより安く、より好条件のマンションを見つけることができるかもしれません。ということで、今回はレインズとは何か?また、その賢い活用方法についてご紹介します。

レインズ(REINS)とは?

レインズは、「Real Estate Information Network System」の略称で、日本語に直すと「不動産流通標準情報システム」という意味になります。

レインズは、全国で取り扱われているマンションなどの不動産を一括して登録するシステムです。現在は4つの「指定流通機構」によって運営、管理されています。「ん?結局のところ、なんなの?」と複雑に感じるかもしれませんが、簡単にいえば全国各地の不動産がこのレインズに登録され、売買取引が行われているということです。

不動産屋とレインズの関係

では、このレインズは不動産売買において、どのように役立っているのでしょうか?

レインズには多くの不動産が登録されています。指定流通機構に会員登録をしている不動産屋は、この登録されている不動産をいつでも参照することができます。

また、不動産屋は売却をもちかけられた不動産の多くをレインズに登録しています。このように、各不動産屋が積極的に物件をレインズに登録することによって、他の不動産屋も全国の売りにかけられている不動産を簡単にチェックすることが可能となります。

このシステムのおかげで、購入者のより希望に合った物件の素早い提案ができるようになるのです。

レインズの賢い活用方法

2

今まで、レインズは不動産屋しか見ることができませんでした。そのため、一般の人がレインズを用いて不動産を探すことは不可能だったのです。

しかし、最近になって「不動産ジャパン」というレインズ内の不動産を検索できるサイトがオープンしました。レインズそのものではないので、全く同じものとは言い切れませんが、レインズに登録されている物件情報は実質的に公開されたと考えて差し支えありません。

では、一般の人がレインズ内の情報を用いることにどのようなメリットがあるのでしょうか。

一番大きなメリットは物件の比較ができることです。今までは、不動産屋で気に入ったマンションを見つけても、そのマンションの価格が相場通りなのか、それとも少し高めなのかなどを判断する方法がありませんでした。

しかし、レインズ内の物件情報と比較すれば、その価格が適切なのかを判断することができます。中古マンションの購入の際に値段はとても重要な要素ですから、それに関する判断基準ができたのはありがたいですね。

また、レインズ内で気に入ったマンションがあれば、その情報を持って不動産屋に相談に行くことができます。このように、レインズ内の物件情報を見て、比較などができることは、不動産購入者にとって大きなメリットをもたらすのです。

仲介手数料無料の不動産屋を選ぼう

不動産屋は不動産の売買を行う際に、仲介手数料として一定額を購入者、または売却者から徴収しています。これは最大で「不動産額の3%+6万円」にもなり、決して無視できる金額ではありません。

しかし、仲介手数料がかからない、または上記の半額程度で不動産の売買を行っている不動産屋も存在します。それが「REDS」や「スターフォレスト」で、レインズを上手く活用することにより、物件によっては仲介手数料無料を実現しています。

このような不動産屋を利用すれば、かなりの額を節約することも可能です。例えば、4000万円の物件の仲介手数料が無料になれば、126万円もお得になります。不動産を購入する際は、ぜひ仲介手数料が安い不動産屋を選び、お得に買い物をするようにしましょう。