• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト)

2014-02-24

どの家族形態にも合う中古マンションが見つかる荒川区

東京都荒川区は、東京の東部にあります。 北から東へ向って流れる荒川の南側にあり、面積も東京23区内の21番目なのでとても小さい区になります。 荒川を挟んで埼玉県と接しているため、荒川区の住民の半数は埼玉方面へ通勤しています。 残りは都心で働く人たちです。 どちらに行くにしても、JR常磐線や京浜東北線、つくばエクスプレス、東武スカイツリー線、都営日暮里・舎人ライナーといった路線を上手く使って…

続きを読む

2014-02-24

交通アクセスが便利な墨田区の中古マンション探しのポイント

東京都墨田区は、東京の東部にあります。 区は東を荒川、西を隅田川に挟まれた地域で、大相撲が開催される両国国技館、夏の隅田川花火大会、そして開業したばかりの東京スカイツリーと全国的に有名な観光・レジャースポットがあります。 また墨田区は、新日本フィルハーモニー交響楽団の本拠地でもあります。 区内在住者は、割引で同楽団の演奏を鑑賞できる特典があります。 地元では、お相撲さんやオーケストラの楽器…

続きを読む

2014-02-23

東京の中心地 中央区で中古マンションを探すには

東京都の中央区は、東京駅の東側と隅田川に挟まれた範囲がエリアとなっています。 北は、秋葉原や浅草までの範囲、南は東京湾に浮かぶ人口島の月島までが範囲となっています。 中央区は東京の商業の中心地として銀座や日本橋の商店街、百貨店が思い浮かびます。 銀座で行われたオリンピックのメダリストの凱旋パレードは、誰でも知っている銀座の大イベントでした。 この銀座通りは、休日には歩行者天国となり、子供連…

続きを読む

2014-02-23

都内のベッドタウン練馬区で中古マンションをさがす

東京都練馬区は、東京23区の中でも様々な特徴を持つ区です。 23区内で広さは5番目ですが、2番目に人口が多く、この土地を気に入って住む人達の率が高いことがわかります。 また、練馬区は今や世界的に有名になった日本のアニメーション発祥の地としても有名です。 手塚治虫や松本零士、藤子不二雄らが無名時代に練馬にあるアパートに住んで、貧乏な暮らしを送りながら漫画を描いたという逸話は大変有名です。 …

続きを読む

2014-02-23

手頃な価格で中古マンションが買えて物価も安い葛飾区

映画「男はつらいよ」シリーズで有名になった葛飾区は、映画のイメージそのままの下町色の強いエリアです。 統計では、区内に占める住宅地の割合が7割、住宅1戸あたりの居住室数が東京23区内で1位となっています。 このことから、古き良き下町で、家族が何世代にも渡り同居していることがわかります。 ただ、1住居あたりの平均敷地面積は23区内18番目で、大家族が狭い住宅でプライバシー確保に苦労しながら暮ら…

続きを読む

2014-02-23

都心の隠れ家なら学芸大学の中古マンション

東急東横線 学芸大学は、始発の渋谷駅から急行で4駅、10分足らずのエリアです。 学芸大学は、目黒区内にあります。 目黒区といえば、代官山、自由が丘といった地名がブランドになっているエリアが思い浮かびますが、ここ学芸大学は、ファション雑誌で取り上げられるようなブランドの臭いが漂うセレクトショップはありません。 学芸大学という名の通り、大学が近いこともあり、駅徒歩10分もすると学生の下宿が多いエ…

続きを読む

2014-02-17

新築住宅の内覧会で確認しておくべき項目

新築住宅の引き渡し前には、住宅の仕上がりを確認するための「内覧会」が行われます。 「内覧会」では仕上がりに相違がないか、契約書通りに施工されているか、不具合がないかなど買主の目でしっかりと確認する必要があります。 万が一契約書と異なる仕上がり箇所があったり、不具合などがあったら引き渡しが行われる前に修繕をしてもらわなければなりません。 「内覧会」では以下の項目を必ずチェックしておきましょう。…

続きを読む

2014-02-17

住宅ローン控除を受けるために必要な書類

住宅を購入すると固定資産税の支払いが発生したり、住宅ローンの金利が大きな負担となります。 住宅ローンを利用していて、一定の条件を満たせば住宅ローン減税制度が適用され、10年間毎年住宅ローンの残高の1%を所得税・住民税から控除してもらえます。 償還期間10年以上の住宅ローンを組んでいること、床面積が50平方メートル以上(居住用が2分の1以上)、控除を受ける年の合計所得が3,000万円以下であるこ…

続きを読む

2014-02-17

引き渡し前に確認しておきたい瑕疵担保責任

住み始める前は問題がないように見える住宅でも、住み始めた後に雨漏りやシロアリの被害などが発生することがあります。 経年による老朽化ではなく、物件に元からあった隠れた不具合を瑕疵(かし)と呼びます。 万が一瑕疵が発生した場合は、売主へ補修費用や損害賠償を求めることができ、瑕疵が原因で住むことができなくなった場合は契約解除を求めることもできます。 売買契約成立して引き渡しが行われた後、売主は「瑕…

続きを読む

2014-02-17

宅地建物取引業者が売主である場合の8種の制限

宅地建物取引業者が売主となる場合、宅地建物取引業法において「自ら売主制限(8種制限)」が定められています。 8種類の制限は宅地建物取引業者自身が売主となっている場合にのみ適用される制限です。 1.自己の所有に属しない宅地又は建物の売買契約締結の制限 (自己の所有に属しない物件を売買契約締結をすることはできない) 2.クーリングオフの適用 事務所等(不動産会社の支店・モデルルーム等…

続きを読む