• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 油断禁物!中古マンションを購入した際に意識したい年間維持費について

2016-11-09

油断禁物!中古マンションを購入した際に意識したい年間維持費について


1

「念願の中古マンションを購入したぞ!後は住宅ローンの返済を頑張っていくだけだ・・・」多くの人がそう思いがちですが、他にも忘れてはならない出費があります。

それが年間維持費です。マンションの住人になると、共用部分の維持を行うための「管理費」、将来の修繕のための積立金である「修繕積立金」などを毎月支払う必要があります。そして、これらの出費はおそらく考えているよりも大きいものです。駐車場代なども加えると、月4万円前後かかってしまうこともあります。

そこでこの記事では、マンションにおける年間維持費にはどのようなものがあるのか、また、具体的にどれくらいの金額になるのかを解説していきます。マンション購入の際には、必ず年間維持費を考慮しておきましょう。

中古マンションの年間維持費はバカにならない

マンション購入の際についつい見落としてしまいがちな年間維持費。また、せいぜい数千円ぐらいでしょ、なんて甘く見積もっていると、実際の金額を見たときにびっくりしてしまうかもしれません。

マンションの年間維持費にはいくつかの名目があり、そのうち一つだけでも10000円前後かかってくることもあります。以下で詳しく見ていきましょう。

中古マンションの年間維持費の主な内訳

管理費

管理費はマンションの共用部分の維持などを目的として徴収されます。具体的にはエントランスの維持費、ごみ収集場の清掃費用、管理人の窓口業務への給与などです。

安ければ安いほど嬉しいかもしれませんが、あまり安すぎると十分な管理が行き届いていないマンションになってしまいます。平均費用は月10000~20000円程度、75㎡で15000円程度が相場です。

修繕積立金

修繕積立金とは、壁の補修や屋上の防水処理など将来的に必要になる修繕費を、前もって積み立てておく資金のことです。

修繕積立金は一般的に新築時には安く抑えられ、年数が増すに伴って増加していく傾向にあります。そのため、マンションを購入する際には、修繕積立金の増加は見込んでいるのか、それは何年後からか、などをオーナーから聞いておくようにしましょう。修繕積立金の平均は5000円前後になります。

マンションの固定資産税

マンションは持っているだけで税金がかかります。そして、その税金の額は土地の価値、建物の価値から算出され、年4回に分けて、または一括払いで支払うことになります。

月額に直すと、おおよそ月10000円前後でしょうか。ただ、固定資産税はマンションの年数が経過するほど安くなっていきます。その意味では、中古マンションは少しお得ということになります。

駐車場代など

車を所持している場合、駐車場を借りることになるでしょう。また、駐輪場代を徴収しているマンションもあります。駐車場の月額は、周辺の月極駐車場の相場を参考にすることが多いです。そのため、都内では月20000円ほどかかることも珍しくありません。逆に都心から離れるほど安くなると考えていいでしょう。

以上だけでも、マンションの年間維持費として月3~4万ほど必要になります。

生活に支障をきたさない中古マンションを購入しよう

2

月に3~4万円の出費となるとかなりの額ですね。これを忘れて住宅ローンを組んでしまうと、固定費だけで収入の多くが消えてしまい、生活費の捻出が苦しくなってしまうということになりかねません。

マンション購入の際には、年間維持費のことまでしっかり考えて住宅ローンを組むことが重要です。

信頼できる不動産屋を見つける

購入前に年間維持費を知るには基本的に不動産屋に聞くしかありません。しかし、購入を促すために本来の費用より安く見積もりを出したり、質問に曖昧に答えたりする、購入者として信頼できない不動産屋も存在します。

そのような不動産屋にひっかからないために、信頼できる不動産屋を見つけましょう。応対の態度が良い、質問にしっかり答えてくれる、無理に購入を勧めないなど、人としてしっかりしている不動産は信頼に値するでしょう。妥協せずに納得できるまで探して、満足できるマンションを購入しましょう。