• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 神奈川にある中古マンションを購入するときの賢いポイントと注意点

2016-12-28

神奈川にある中古マンションを購入するときの賢いポイントと注意点

01


神奈川県は東京のベッドタウンとして人気の高い街です。ファミリー層も多く、新築マンション、中古マンションを問わず、多くのマンションが取引されています。また、政令指定都市の一つでもある横浜市は観光民だけでなく地元民にも人気のある都市で、交通の便の良さや娯楽施設の充実度から、名実ともに神奈川県を代表する地域だと言えるでしょう。

この記事では神奈川県で中古マンションの購入を検討している人、特に横浜市内で考えている人のために神奈川県の中古マンションの特徴や人気のエリア、また、神奈川県に住むうえでのメリットやデメリットについてまとめました。ぜひ購入の際の参考にしてください。

神奈川の中古マンションの特徴

神奈川県の中心街である横浜市は18区に分かれており、それぞれの区に特徴があります。同じ横浜市内であっても、似たような条件の物件価格が2倍前後違っていることもあり、希望の環境と予算が上手く兼ね合う中古マンションを探すことが重要になります。

一般的に横浜の繁華街に近づくほど取引価格は上がっていきます。また、中心街から一駅程度離れるだけでも閑静な住宅街は存在し、さらに生活の利便性は高いほうです。新横浜駅には新幹線が停車するのも大きなメリットですね。

ただ、他のベッドタウンである千葉や茨城、埼玉と比べると中古マンションの取引価格は軒並み高めで、高級住宅街と言われるエリアも多く存在します。

神奈川の中古マンションの人気エリア

02

市単位で見るとやはり横浜市の人気が高いと言えるでしょう。次いで川崎市や鎌倉市、藤沢市が人気エリアとなっています。特に鎌倉市は高級マンションも多く立ち並び、100平米あたりからの取引価格は県内随一です。

横浜市内で人気のエリア

横浜市の中で人気の区ですが、中心街に近く、さらに比較的静かな環境である神奈川区、そして昼間の人通りこそ多いものの、利便性では他に引けをとらない中区が特に人気エリアとなっています。その分、取引価格も高額になりがちで、物件によっては東京でも同じ条件の中古マンションを購入できてしまうかもしれません。

西区は高級住宅街が多く、面積の広い物件数が多めです。他の区はそれほど価格面に大きな違いはありません。中心街へのアクセスが良い鶴見区も人気エリアの一つです。取引価格も控えめなので、予算にそれほど余裕がない場合には検討してみると良いでしょう。

神奈川の中古マンションのメリット

全国の中でも屈指の人気を誇る横浜に、どこからでも簡単にアクセスできることが大きなメリットです。隣県に東京がありますが、わざわざ電車を乗り継いで都内に出なくても大半の用事は横浜市内で済ませることができるでしょう。

もちろん交通手段も十分に発達していますから、東京に行きたいときでも気軽に出かけられるうえに、観光スポットやオシャレな場所も多く、娯楽面が充実しています。場所を選べば自然が豊富な場所もたくさんあるので、スローライフを送りたい人や子供への影響が気になる人にもオススメです。

神奈川の中古マンションのデメリット

逆にデメリットとしては他のベッドタウンとされている県より、やや取引価格が高額になりがちなことが挙げられます。特に人気エリアになると70平米ほどの中古マンションでも3000万円を超すことが多く、予算的に厳しいと感じる人も多いかもしれません。

また、地域によっては工場などが多く立ち並び、環境汚染や騒音などが気になる場合があります。ですから、購入前には十分に周辺環境を吟味することが大切です。さらに繁華街に近い場所では、夜間はどのような環境になるのかチェックしておくことも重要です。意外に忘れがちな周辺環境のチェックですが、必ず行っておきましょう。

おわりに

横浜市はとても人気のあるエリアです。周辺地域へのアクセスも良く、通勤、買い物、旅行とどんな場面でもそう困ることはないでしょう。横浜市以外でも人気のある市は多いため、さまざまな市、エリアで中古マンションを探してみると良いでしょう。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。