• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 具体的に考えてみる、良いマンションとダメマンションの差ってなに?

2017-02-01

具体的に考えてみる、良いマンションとダメマンションの差ってなに?

01


何にでも良し悪しがあるように、マンションにも良いマンションと悪いダメマンションがあります。ダメマンションだから住めない、生活できないということはありませんが、大金を出して購入するのですからやはり良いマンションに住みたいですよね。

この2つを見分けるポイントとして最も単純明快なのは販売価格です。新築マンションでは景気や話題性に価格が大きく左右されるので、価格だけで真の価値を判断するのは難しいですが、中古マンションではそのマンションの価値が販売価格に如実に出ます。築年数の割に価格が高いマンションは良いマンションであると言えるでしょう。

では、良いマンションとダメマンションの差とは具体的に何なのでしょうか?以下で詳しく解説していきますので、中古マンション選びの際の参考にしてくださいね。

良いマンションとダメなマンションにはどんな差があるのか?

マンションの価値を左右するポイントはたくさんあります。購入時に特に重要視される築年数もそうですし、他にも立地、周囲の環境、外観、マンション内部の設備の充実度などがあり、どれか一つだけで価値を判断するのは非常に難しいです。

以上のポイントのうち、一つだけが飛び抜けて良くても他がダメダメであればマンションの価値は下がるでしょうし、一つだけがネックでも他のポイントが素晴らしければ価値は上がるでしょう。

マンションの価値について簡単に言ってしまえば、そのマンションに住みたいと思う人が多いかどうか、ということになります。住みたいと思う人が多ければ自然と価格は上がっていきますし、逆に少なければ価格はどんどん下がっていきます。

それでは、住みたい、住みたくないを分けるポイントにはどんなものがあるのでしょう。いくつかの例を挙げて良いマンションとダメマンションを比較してみましょう。

良いマンションの特徴

02

良いマンションに共通しているのは生活の利便性の良さです。マンションは購入して終わりではなく、むしろそこからがスタートですから、実際の住みやすさはマンションを評価する大きなポイントです。

周囲に生活用品や食料を販売している手頃なスーパーはあるか、病院や保育園といった福祉施設へのアクセスは問題ないか、騒音問題になるような施設や人通りはないか、治安はよいか、近くに駅があるか、などが生活の利便性に大きな影響を与えます。

これらのポイントが十分に満足できる結果であれば、多くの人から求められるマンションとなり、物件の価値は上がっていくでしょう。

他にも、マンション自体の外観やインテリアも価値に関係します。誰でも綺麗なところに住みたいと感じるでしょうし、管理が行き届いたマンションであれば安心感も生まれます。

中古マンションを選ぶ際にはこれらのポイントを重視して選ぶことが、失敗しないマンション選びのコツになります。

ダメマンションの特徴と購入を回避するために

ダメマンションは良いマンションの正反対ということで、上で挙げたポイントを満たしていないマンションということになります。

それではどうやってダメマンションを選ばないようにするか、がとても重要になってきます。これはとても簡単で、立地の良さや周囲の環境は購入前にリサーチすることで判断することができますし、マンションの管理レベルも下見の時点である程度予想できますね。

つまり、購入前に入念に調査を行っておくことで、ダメマンションを回避できるのです。複数のマンションを下見することで観察眼も鍛えられ、より自分に合った優良マンションを見つけることができるようになります。

希望のマンションをいくつかピックアップしておいて、必ず全てのマンションでリサーチを行ってから本命を決定するとよいでしょう。

おわりに

良い中古マンションは必然的に取引価格が高くなってしまいます。しかし、せっかく見つけた希望のマンションを予算が足りずに諦めるのは悔しいですよね。そんなときは仲介手数料無料の不動産業者の利用をオススメします。

実は仲介手数料はとても高額で、3000万円の物件を購入すると100万円以上の金額を請求されることもあります。これが無料になれば単純に100万円上のクラスの中古マンションに手が届くことになりますよね。

不動産業者選びも物件調査と同じくらい大切です。信頼できる業者を選んで、ぜひ中古マンション選びを成功させてくださいね。