• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

2017-05-18

キャッシュバックがお得なスマイティ

shutterstock_573705643


「スマイティ」は、カカクコムが運営する不動産情報サイトです。掲載されている物件数もかなり多く、信頼度も高いとされるスマイティの評判について紹介します。

質と量を兼ね備えた物件情報

スマイティは「住まい情報のワンストップ」を掲げており、「借りる」「買う」「売る」といった不動産取引、賃貸物件からマンション・一戸建て、新築物件から中古物件といった不動産物件に関するさまざまな情報が、このサイトでそろうとされています。

扱う物件は日本全国にわたり、その件数も日本最大級を誇ります。物件の掲載数がそれほど多いのは、全国の不動産情報や大手賃貸情報サイトといった100社を超える企業・サイトがもつ情報を集約しているからです。

提携サイトを挙げてみると、リクルート「SUUMO(スーモ)」、マイナビ「マイナビ賃貸」、いい部屋ネット事務局「いい部屋ネット」、センチュリー21・ジャパン「Century 21」……などなど、枚挙にいとまがありません。

そのように多数の大手サイトから情報が集約されているということは、ユーザーにとってはそれだけ希望の物件に出会うチャンスが多くなるということを意味します。しかも、いろいろなサイトを自分が見て回る必要はなく、1つのサイトで情報をまとめて探すことができるのです。

ユーザーにとって、これは大きなメリットだといえるでしょう。そして、物件情報は日々更新され、常に新しい情報に接することができるのです。

キャッシュバックサービスがお得

スマイティの最も大きな特徴であり、知名度の高いさまざまなサイトと比べても決定的にお得であるポイントが「キャッシュバックサービス」です。

スマイティは、物件を掲載するにあたって不動産会社から広告収入を得ています。そこへユーザーがスマイティを通して物件に問い合わせを行い、最終的に入居が決まったら、“お祝い金”をもらうことができるのです。

いわば、広告収入を“キャッシュバック”するという仕組みになっています。

具体的には、スマイティを介して物件に問い合わせを行い、その後入居が決まって契約を締結したという方がキャッシュバックの対象です。金額は、「実際の契約金額」または「賃貸の場合は家賃・管理費・共益費・礼金の合計額」の10%で、1万円が上限。抽選ではなく、条件に合致する対象者全員が基本的にもらうことができます。

大手の不動産情報サイト間では、同じ物件の情報を複数のサイトで目にすることは少なくありません。「同じ物件を選ぶのであれば、どのサイトからでも同じ……」だと思われていたのが、スマイティではキャッシュバックサービスがあるわけです。

「同じ物件なら、スマイティから問い合わせしたほうが得だ」となるこのサービスは、お得という観点では非常にメリットの大きい点であり、他のサイトとの差異化につながる点でしょう。このサービスが利用者の間でかなり人気を集めているというのもうなずけます。

物件や地域をさまざまな角度から知ることができる

スマイティには、「借りる」「買う」「売る」と並んで、「街を探す」というカテゴリーがあります。ここには、住みやすい街を探すためのさまざまな角度から眺めた各地のデータがあふれています。

たとえば、「全国の統計データランキング」では、省庁などが発表した多種多様な項目の統計データごとに地域の順位が並んでいます。「全国の人口密度ランキング」「全国の出生率ランキング」「全国の犯罪率ランキング」といった具合です。

また、街の地価や補助金、交通機関の便利さから災害情報街の情報を徹底的に集め、カカクコム独自の集計を行って「住みやすさに関する評点」を算出しています。多くのユーザーが街をレビューする口コミコメントも多数集まっており、実感のこもった「住みやすいポイント」「住みにくいポイント」を目にすることができるでしょう。

重要な点は、数字で示される定量データと、口コミなどの定性データを組み合わせて用いていること。

数字のデータだけでは実感がよくわかりませんし、口コミレビューだけでは客観的な指標とはなりづらいこともあると思います。両方を備えたデータから住みやすさをイメージすることができるのは、カカクコムグループのスマイティならではではないでしょうか。

街レポート・再開発情報も注目

街レビューと合わせて、街レポートも興味深いコンテンツです。「地域の価値をアップさせる『再開発』」と題した特集では、各の駅周辺の再開発の最新情報をとりあげ、その後の地域の価値がイメージしやすい内容になっています。

不動産投資や売買を考える人にもおすすめです。

「住みたい街はどんな街? 街レポート」特集では、街レポーターが各地を歩いてレポートするというスタイルで生活に密着した街レポートを紹介しています。写真も豊富に盛り込まれ、地域の様子がよりわかりやすい構成になっています。

生活を大切にする運営

前述のとおり、スマイティはカカクコムが運営しています。カカクコムといえば、これもまた日本最大級の購買支援サイト「価格.com」で有名な東証一部上場企業です。

カカクコムでは、価格.com、やスマイティだけでなく、ランキングと口コミのグルメサイト「食べログ」、ホテル予約・旅館宿泊予約サイト「yoyaQ.com」、旅行の口コミとホテル・ツアー・航空券の料金比較サイト「フォートラベル」など、さまざまなサイトを運営しています。

そうしたカカクコムのグループサイトで大切にされているのは、「お客様視点を大切にしたサイト運営」。ユーザー目線に立って必要な情報や、便利で使い勝手のいいサービスを提供することで、ユーザーのよりよい生活に貢献しようという姿勢がうかがえます。

加えて、厳しい運営管理基準を設けるなど、ユーザーの信頼も非常に大切にしています。インターネットで不動産情報を探して問い合わせをするようなケースでは個人情報の入力が不可欠ですが、個人情報の対応も万全で安心感があるサイトといえます。