• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 地域別不動産情報 > 東京タワー VS 東京スカイツリー!窓から見えると物件の価値はどれだけ変わる?

2016-10-05

東京タワー VS 東京スカイツリー!窓から見えると物件の価値はどれだけ変わる?


f:id:asawabe1023:20160628181858j:plain

東京スカイツリーは2012年に開業して以来、東京の新しい観光スポットとして多くの人に愛されるようになりました。
せっかく東京に住むのであれば「東京スカイツリーが見える部屋に住みたい!」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、東京スカイツリーは大人気の観光スポットです。
「東京スカイツリーが見えるということは、その分だけ価格が上乗せされるのではないか」と考え、興味はあるけど手は出せないと、価格を調べる前に諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。
実際のところはどうなのか、「東京スカイツリーが見える部屋の価値」について、同じく東京のシンボル的存在である東京タワーと比較しながら調べてみました。

東京スカイツリーが見える部屋と東京タワーが見える部屋

at homeが2011年と2012年に、東京23区内に住んでいる世帯(20~40代)の600人を対象として実施したアンケートに興味深いものがあります。

設問の中のひとつに「住んでいる部屋から、東京スカイツリーが入った夜景が見えるとしたら、それにはいくら分の価値があると思いますか?」というものがありました。
結果、2011年は「7167円」、2012年は「9042円」となりました。

では、もう一つの高層建築物であり、名物である東京タワーはどうでしょう。
同じく、at homeがとったアンケートに「住んでいる部屋から、東京タワーが入った夜景が見えるとしたら、それにはいくら分の価値があると思いますか?」というものがありました。
すると、2011年は「9233円」、2012年は「9223円」というほぼ横ばいの結果となっています。

予想外かも知れませんが、この結果から分かるように、住む側から見ると、東京タワーの夜景の方が東京スカイツリーの夜景の価値より高いと考える人が多いようです。

出典:東京スカイツリーVS東京タワー 住まいの眺望に関するアンケート調査|アットリサーチ
出典:東京スカイツリーVS東京タワー 自宅からの眺望に関するアンケート調査|アットリサーチ

不動産屋が考える東京スカイツリーと東京タワーの価値

次に、2012年の4月にオウチーノ総研が不動産屋を対象としてとった統計があります。
「東京スカイツリーが見えるかどうかで資産価値は変わるか」という設問に答えてもらったもので、これによれば「東京スカイツリーが見える方が家賃は上昇する」と答えた層は、わずか2.8パーセントにとどまりました。

では、東京タワーはどうでしょう。
こちらも、前項のアンケート結果と同じく、東京タワーが見える物件の方が価値は高いと考えられています。
具体的には、「東京タワーの場合は差額が出る」と答えた層は非常に多く43.8パーセントにものぼり、「東京タワーが見える方が家賃は高い。ただし、その差額は2000円以内」と答えた結果が出ています。

出典:東京スカイツリー 東京スカイツリーが周辺の家賃相場に与える影響は? | オウチーノ総研※PDF

なぜ、ここまで東京タワーの価値は高いのか

東京スカイツリーと東京タワーを比較してみると、東京タワーの方が明らかに価値が高いという結果が得られました。
これは、一節によると、建造物としての歴史とその高さが少なからず関係していると考えられています。

歴史は言わずもがな、東京タワーが高度経済成長期から今日まで残してきた足跡をたどれば、いくら相手が東京スカイツリーが希少な建造物だといっても、疑う余地はありません。

問題は高さです。
東京スカイツリーの高さは634mと世界的に見ても非常に高く、それだけ希少な建造物です。
しかし、その高さ故に、東京都内で条件さえ揃えば、どこでも見ることができるというデメリットを抱えています。
その点、東京タワーの場合は、東京スカイツリーに比べて見ることが難しく、逆にメリットとして、希少性を上げる結果になっています。

東京スカイツリーが見える部屋は、今後は価値が上がっていくと考えられている

しかし、だからといって、東京スカイツリーが見える部屋が、東京タワーの見える部屋に劣っているわけではありません。
それを表す指標の一つとなるのが、at homeが行ったアンケート結果ではないでしょうか。

2011年時点ではわずか7200円程度だった「夜景の価値」が、2012年では急上昇を見せ9000円台となり、ほとんど並んでいます。
これは、東京スカイツリーが、東京タワーと並ぶような観光地へと進展していった、もしくは発展していくであろう期待の表れと考えられるのではないでしょうか。

不動産の動きというのは決して一定ではありませんし、変動するものです。
現在は、東京スカイツリーよりも東京タワーを重要視する声が多いのも事実ですが、「今後は東京スカイツリーが見える部屋の不動産価値はどんどんあがっていくだろう」とみる動きもあります。
そう、「東京スカイツリーが見える部屋」はまだ成長途中なのです。

10年後20年後には、東京スカイツリーも東京タワーと同じような価値を持つようになるのかもしれません。