• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

2017-05-18

REDSの評判・口コミは?

shutterstock_168378512


REDS(レッズ、不動産流通システム)は、新しい方法で不動産流通を取り扱っています。独自のシステムでお得なサービスを生み出しているREDSの評判について紹介します。

扱う物件情報が豊富なシステム

REDSの説明をするためには、まず「レインズ」について少し説明しておかなければなりません。宅地建物取引業法に基づいて、国土交通大臣に指定された組織が「指定流通機構」です。

この指定流通機構である不動産流通機構が運営しているのが「不動産流通標準情報システム(Real Estate Information Network System)」で、その略称が「REINS(レインズ)」です。一般に「レインズ」というときはシステムを指していることが多いですが、機構の通称として用いられることもあります。

日本全国の不動産情報を共有しているのが、このレインズです。非常に多くの不動産会社が加入しており、個々の不動産会社が扱う物件情報をシステム上で共有することによって、日本全国の物件情報を見ることができるという仕組みになっています。

不動産の売買において、売り主が不動産会社と媒介契約を締結することがあります。媒介契約にはいくつかの形態がありますが、売り主と不動産会社が「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」という形態で契約を結んだ場合、不動産会社はその物件情報をレインズに登録する義務があります。

こうすることで、多くの不動産会社が売り主の物件情報を参照できるようになり、売り主が物件を売りやすくなるのです。

日本全国の不動産情報を扱うREDS

株式会社不動産流通システムが運営する「REDS」は、その名のとおり、不動産を流通するシステムを指します。といっても、REDSが物件を保有したりするわけではありません。REDSが紹介するのは、このレインズに掲載されている物件です。

REDSは、レインズのシステムをフル活用し、レインズに掲載されている不動産情報から買い主の希望に応じて不動産物件を検索、紹介しています。REDSが扱う情報は、すべてこのレインズから得た情報で、そのカバレッジは非常に広く、さまざまな物件ニーズに応えやすいというわけです。

REDSはその情報をもとに、売り主と買い主に適切な情報を流通させ、売買のやりとりをサポートします。

手数料が「最大無料」のシステム

REDSの最大の特徴は、仲介手数料が「最大無料」になることです。物件を購入する人にとって気になるのが仲介手数料ですが、「手数料 無料」で検索してREDSを知る人も多い傾向にあります。

物件の売買を不動産会社が仲介した場合、不動産会社は依頼者に対して仲介手数料を求めることが可能です。仲介手数料は、物件価格に応じてその上限額が定められており、「物件価格×3%+6万円」で計算することができ、さらにこの額に消費税が課税されることになります。

REDSでは、この仲介手数料を無料または半額にすることができるのです。たとえば、4000万円の不動産物件を取り引きした場合、一般的な不動産会社の仲介手数料は税抜き126万円になります。この金額が、REDSを介すことで無料か半額になるというわけです。

このような仲介手数料を実現しているのは、不動産仲介の経験と知識を備えたベテランスタッフの運営です。不動産の取り扱いに関して長年蓄積されたノウハウをもとに運営することで、人件費を抑制しています。

そうしたREDSのスタッフは、不動産取引の仲介に何が求められるかということも熟知しています。システム会社とのコラボレーションで、そのニーズを実現したシステムを構築しています。

それによって、さらに効率的な業務の遂行が可能になるのです。

エージェントがきめ細やかにサポート

REDSは、お得なシステムだけでなく、サービスの信頼性においても高い評判を得ています。そのサービスを支えるのが、「エージェント」と呼ばれるプロフェッショナルです。

宅地建物取引主任者の専門知識を常にブラッシュアップしつづける宅建マイスターが多く存在し、不動産取引に手厚いサポートを行います。

REDSのサイトを見ると、エージェントの方のコメントや顔写真、ブログ記事などが掲載されており、かなり手厚い印象です。1人1人の顔や名前がわかるだけでなく、プロフィールや電話番号・メールアドレスなどの連絡先まで掲載されています。

これだけでも身近に感じられ、情報としての透明性の担保につながりますが、さらに彼らが書いているブログ記事を読めば、エージェントの思いや最新情報なども覗くことが可能です。こうした情報公開も、“顔”が見えるサービスとして評価に貢献しているといえるでしょう。

REDSのエージェントが実際に仲介を担当する際も、利用者に対してていねいな対応で的確な説明がなされ、非常に満足度が高いと評判です。プロフェッショナルならではの知識をベースに、不動産に関する不明点や不安な点に詳しく答えてもらうことができ、不安を解消してくれることにつながります。

不動産に関する対応は、担当者によって対応がまちまちであることが多いといわれています。しかし、REDSはどのケースにおいても対応が比較的よかったという声が多くあがっており、しっかりとしたシステムへの定評がうかがえますね。

オウンドメディアで不動産コラムを紹介

仲介サービスと合わせて注目を集めているのは、REDSのサイトで公開されているオウンドメディア「不動産のリアル」です。

このサイトでは、不動産の売買における仲介手数料の仕組みといった基本的な情報をはじめとして、不動産市場の最新市況情報、住宅ジャーナリストなどの識者によるオピニオンから相続税対策情報といったことまで、さまざまなノウハウが紹介されています。

どの記事も不動産のプロフェッショナルが監修・執筆しており、識者の知識や経験をベースとした多くの情報が発信されているのです。これは不動産物件の売買を検討している人にはとても勉強になるでしょう。

不動産取引に関してさまざまなきめ細かい対応を受けることができ、同時に仲介手数料の節約も可能となるREDSの不動産仲介は、評判が高いのもうなずける注目のサービスです。