• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

2017-05-18

利用者のニーズが考えられたgoo住宅・不動産

shutterstock_267766277


「goo住宅・不動産」は、NTTレゾナントによって運営されている不動産情報サイトです。有名な「goo」の中で提供されているgoo住宅・不動産の評判について紹介します。

ポータルgooの不動産情報サイト

ポータルサイト「goo」は、1997年の検索エンジンとしてのスタートしました。gooはサイトサービスにとどまらず、総合防災ポータル無料アプリ「goo防災アプリ」やスマートフォン「gooのスマホ」など、ユーザーの生活を便利・安心なものにするための数多くのサービスを積極的に提供しています。

運営元はNTTグループであるNTTレゾナントです。gooのほか、ECサービスの「NTT-X Store」も運営しています。NTTグループの企業力や技術力をベースとして、いろいろなサービス提供がなされているというわけです。

そのNTTレゾナントが、同じくgooブランドを冠して運営する不動産情報サイトが「goo住宅・不動産」となっています。goo住宅・不動産では、一戸建てからマンション・アパート、土地といった不動産物件、不動産会社や住宅ローンといった不動産物件の取引に関する情報が満載されており、不動産売買を考える人には心強い味方です。

大手サイトが情報提供

goo住宅・不動産には日本全国の物件情報が掲載されており、その数なんと650万件超(2017年4月27日時点)。この情報力を支えるのは、日本有数の不動産情報サイトです。

goo住宅・不動産は、リクルート「SUUMO(スーモ)」、アットホーム「at home(アットホーム)」、LIFULL「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」、アパマンショップ「アパマンショップ」など、日本の大手不動産情報サイトと提携、情報提供を受けているのです。

goo住宅・不動産では、そうした優良不動産サイトの不動産情報を一括検索することができます。いろいろなサイトを渡り歩くのは面倒ですし、掲載されている物件名称が微妙に違うけど実は同じ物件といった重複も少なくありません。

goo住宅・不動産の一括検索なら、そうした手間をかけずに一度に情報検索することができるのです。

もちろん、賃貸物件も売買物件も閲覧もできます。加えて、不動産投資物件の情報提供もスタート。投資物件を手軽に検索できるのです。

ニーズに応じた物件情報の提供スタイル

goo住宅・不動産のサイトをのぞくと、非常に多くの情報があふれていることに気付くでしょう。読みたくなる情報が多すぎて、どこから見ようか迷うほどです。

多くの方がまず使うのは、物件検索でしょう。新築マンション・中古マンション、新築一戸建て・中古一戸建て、土地といった購入物件、賃貸住宅や店舗・事業用物件といった賃貸物件、不動産投資物件などを、日本全国から細かな条件指定をして検索することができます。

検索した物件はお気に入りとして保存することもできますし、検索条件自体を保存することも可能です。時間を置いて再検索しようと思ったら、簡単な手順で検索できます。

検索条件を指定した検索だけでなく、いろいろなテーマでピックアップされた物件が「特集」としてまとまって紹介されているのも便利です。

たとえば「仲介手数料不要の一戸建て特集」「ペット可の中古マンション特集」「全国のタワーマンション特集」といったように、利用者のニーズに応じた特集が組まれており、1クリック・1タップでそうした物件情報にアクセスできます。こうした点も、goo住宅・不動産の高評価のポイントです。

不動産関連のサポートサービスも豊富

goo住宅・不動産が提供しているのは物件情報だけではありません。不動産取引に関連するサポートメニューも用意されています。

たとえば、土地や家などの不動産の売却を考える方には、無料で不動産の査定を依頼できるサービスがあります。不動産売却サイト「HOME4U(ホームフォーユー)」と提携する全国500社以上の不動産会社に不動産価格の査定依頼をすることができ、周辺の事例や公示地価などのデータを参考にした査定を受けることが可能です。

不動産を購入する場合に考えるのが住宅ローンの利用ですが、その住宅ローンについてもサイトでシミュレーションを行って支払い額を確認することができます。シミュレーションは、住宅ローンの新規借り入れと住宅ローンの借り換えのそれぞれで用意されており、複数の金融機関の住宅ローンを比較できるようになっており便利です。

「新しいマンションを探しているけど、どんなところかわからなくて不安」という方には、マンションに関する口コミ掲示板サイト「マンションコミュニティ」から口コミ情報が提供されています。地域の情報を知りたい方には、SBIホールディングス「生活ガイド.com」がとりまとめている行政機関の公表データから、公共料金や病院の数といった全国各地のさまざまな「暮らしデータ」を閲覧することが可能です。

ノウハウ情報で勉強も

サービスだけでなく、情報も豊富なのが、goo住宅・不動産です。

「シミュレーションもいいけど住宅ローンのそもそものことをもっと知りたい」という方には、ピックアップお役立ち記事が用意されており、「不動産知識集」には、住宅や不動産に関するノウハウや用語集などのお役立ち情報が集まっています。

また、不動産の売買にはさまざまな悩みや疑問がつきものですが、そうしたことに専門家が答えてくれるのが「専門家Q&A」です。

「このような費用を請求されましたが、支払うべきでしょうか?」
「一括見積もりサイトで物件の査定を受けましたが、どこを選ぶべき?」
「こんな手数料が無料と聞きましたが本当ですか?」

といった質問に、不動産の専門家がていねいに答えてくれます。過去のQ&Aを読むだけでも勉強になることも多いのではないでしょうか。

不動産に関する最新ニュースも掲載されており、まさしくポータルサイト・gooらしく「ここにくれば、不動産情報がわかる」サイトになっているのが、goo住宅・不動産です。