• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

2016-05-27

住宅ローンにも種類がある


f:id:lululolochan:20160527152947j:plain

一口に住宅ローンといっても実はは様々な種類があります。主に金利の種類が異なることになりますが、それぞれの特徴をしっかりと抑えておくことが重要です。

固定金利タイプ

住宅ローンは大まかに固定金利と変動金利のタイプに分かれます。ただし固定金利にはさらに全期間固定金利タイプと固定金利期間選択タイプがあります。 全期間固定金利タイプは、借り入れてからローンを完全に返済しきるまでの金利が一定であるタイプです。

最初の利息が高く、年数がたつにつれてだんだん利息が減っていくのが特徴です。 固定金利期間選択タイプは、最初に決められた期間が過ぎるとそこで改めてその時点の金利に合わせてローンの金額が変わるタイプです。最初の期間は大体2年から10年までで自分で選ぶことができます。

また、最初の期間が過ぎた時点で改めて金利タイプを選択することができます。詳しくは金融機関によって項目が異なってくるので確認が必要です。

変動金利タイプ

変動金利タイプは、5年間ローンの金額が変わりません。しかし、1年に2回、その時点での金利が適応されるためリスクは大きくなります。

このタイプは金利がこれから低くなっていくことが予想されるときによく使われます。一般的にはあまり使われることはありません。

ここで紹介した3つのタイプの金利タイプを組み合わせることもでき、一般にミックス金利型と呼ばれます。ある一定期間までは固定金利期間選択タイプ、それから先は変動金利タイプといったことが可能です。

正しく組み合わせをすれば大きく金額を抑えることができるので、既定のタイプではなくこちらを検討してみてもいいでしょう。

どの金利タイプを選択するのかは、それぞれのタイプの特徴をよく知っておくことが重要となります。自分たちに合わないタイプを選択すると最悪の場合ローンの金額よりも利息の負担が大きくなってしまうこともあり得るので慎重に選びましょう。