• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

2014-05-07

中古マンションを購入するメリット


不動産の購入の中でも、マイホームの購入を考えた時に、新築と中古のどちらのマンションを選ぶか迷う人が多いです。
中古マンションにはどのようなメリットがあるのか、これからご説明します。

中古マンションのメリットはなんといっても価格です。
マンションを購入するとき、間取りについてや広さについて、ある程度の希望を持っていることと思います。

自分の出せる予算の中から、間取りや広さの条件を見て合うものを選びます。
中古マンションならば、同じ予算であっても、より広く間取りも余裕を持ったものを選ぶことができますので選択の幅が広がります。

駅から近い、買い物がしやすいなどの立地についても、同じような場所にあっても中古マンションのほうが安く購入できるため、無理をしない買い物ができます。
あまった予算については、リフォームに回すことができることも魅力です。

新築マンションですと、家の中のインテリアなどには予算の都合であまりお金をかけられないことも多いです。
しかし、中古マンションを購入して、あまった予算をリフォームに回すことができれば、自分の希望する住みやすい形に家の中を作り変えることが可能になります。

余裕があってこそのリフォームですから自分の住みたいように家の中を作りたい、という方には中古マンションがおすすめです。
また、中古マンションのメリットのもう一つに、実際に物件を見て確かめられることがあります。

新築マンションの場合は、モデルルームはできているものの、実際の物件を見てから選ぶことはできません。
しかし中古マンションならば、日当たりや眺望など、自分の目で確かめることができますから、実際に住むときに思ったものと違ったということにはなりません。

周囲にどんな人が暮らしているかも、中古マンションでないと確かめることができません。
たとえば小さな子供が多い、子育てが落ち着いた世代が多いなど、周囲の環境を確かめられますので、周りの人の雰囲気がつかめるところも中古マンションのメリットです。