• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 東京23区のそれぞれの地域から考える中古マンションの相場について

2017-02-01

東京23区のそれぞれの地域から考える中古マンションの相場について

01


日本で一番人気のある都市はやはり東京でしょう。あらゆる店やサービス、交通網が集中しており、生活に不便を感じることはほとんどありません。そして、その中でも東京23区は特に人気のある地域で、中古マンションの価格も軒並み高額となっています。

ただ、23区の中でも価格には大きな差があり、相場が最大で3倍弱程度違うこともあります。地区によっては4000万円前後の予算で80m平米のマンションを購入することも十分可能なので、東京の中古マンションなんて高くて買えないに決まってる!と決めつけずに、一度目を通してみてはいかかでしょうか?

この記事では、東京23区の中古マンションの相場価格について解説していきます。

東京23区はそれぞれの地域に特徴がある

東京23区はいずれも人気のある区だと言われていますが、各区ごとにそれぞれ特徴がありますし、マンションの相場価格にも大きな違いがあります。

最もわかりやすい評価基準はやはり駅の立地です。周囲に生活の肝となるスーパーやデパートはあるか、マンションから駅までの距離はどうか、公園など緑を感じられるスポットがあるか、などが高評価の条件だと言えるでしょう。もちろん、中心街へのアクセスの良さは言うまでもありません。

そして、これらの条件を満たす駅周辺の中古マンションの価格は、比較的高額になる傾向があります。ただ、渋谷、新宿、目黒などは例外で、繁華街のど真ん中であることや高級住宅街が立ち並ぶ地域ということもあり、高級マンションがほとんどであることも知っておきましょう。

東京23区で中古マンションを買うために知っておきたい相場

02

ここからは具体的な地域ごとの相場をご紹介していきます。

80平米の中古マンションの平均価格が最も高いとされているのは「港区」で、なんと9000万円近い相場となっています。続いて「渋谷区」、「千代田区」、「目黒区」となっており、これらの地域の平均価格はいずれも8000万円以上です。

5000万円程度で購入できる区としては、「台東区」、「大田区」、「江東区」、「墨田区」、「北区」などがあります。かなり現実的な価格なので、予算が合えば検討してみる価値は大いにあります。

また、安さで言えば「足立区」、「葛飾区」、「江戸川区」あたりは4000万円程度、中には3000万円強で購入できる中古マンションもあり、23区の中でも狙い目の区だと言えるでしょう。

ただ、これらの相場はあくまで80平米の中古マンションで見たときのものです。これよりも広いマンションであればさらに価格は上昇しますし、相場の順位が大きく入れ替わることもあります。

もちろん、狭いマンションの場合であっても同様です。

自分にとってメリットがあるかないかが大事

東京23区に住んでいる、と聞くとなんだかかっこよく感じますし、それだけで一つのステータスにもなりかもしれません。しかし、最も大事なのはそこに住んで自分にメリットがあるかどうかでしょう。

高いお金を払って高級住宅街に住んでも本人が幸せでなければ何の意味もありません。特に、家族がいる人は家族の面々それぞれが満足できる環境であるかを確認してから決断することがとても大切です。

小さい子どもがいるのに騒がしい場所に住むのは好ましくないでしょうし、保育園や幼稚園から遠いと送り迎えの負担も大きくなりますよね。場所そのものにメリットを見出すのではなく、環境を重視して中古マンションを選びたいものです。

おわりに

東京23区の中でも安い地域があるとは言え、郊外や地方に比べるとやはり高額な部類に入ります。予算がもう少しあれば・・・!と悩んでいる人は、仲介手数料無料の不動産業者を利用してみることをオススメします。

仲介手数料は不動産屋への利益となるもので、マンションの質やサービスには全く関係がありません。一般の不動産屋では仲介手数料の値引きは難しいので、それなら最初から無料に設定している業者を利用しよう、ということですね。

場合によっては購入費用が100万円以上変わることもあるので、ぜひ一度検討してみてくださいね。