• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 少しでも節約しよう!中古マンションの仲介手数料と値引き交渉について

2016-11-28

少しでも節約しよう!中古マンションの仲介手数料と値引き交渉について

01


中古マンション購入の際、さまざまな名目で多くの費用が発生します。そのため、当然購入者も詳しく確認するべきなのですが、専門的な用語も多く、素人が理解するには難しいかもしれません。

多くの費用はマンションの清掃や維持に関するものですが、仲介手数料だけはマンションとは関係がなく、不動産屋へ支払うお金になります。いわば紹介料のようなもので、これが不動産屋の利益になります。今まではほとんどの不動産屋でほぼ決まった額を請求されていましたが、最近は仲介手数料が無料の不動産屋も増えてきており、中古マンション購入の際には判断基準の一つになっています。

そのため、これらについて知っておかないと無駄にお金を支払うことになり、結果として損をしてしまうかもしれません。この記事では仲介手数料について解説し、少しでも費用を安く抑える方法についても触れています。ぜひ、中古マンション購入の際の参考にしてください。

購入費用の中でも大きな割合を占める仲介手数料

仲介手数料は思った以上に高額です。例えば、2000万円の物件を購入した場合、仲介手数料の上限額は71万円近くになります。なんと物件の3%近い費用を請求されるのです。そして、ほとんどの不動産会社は仲介手数料を上限額に設定しているため、どの業者を訪ねてもこれに近い金額を請求されるでしょう。何も知らなければ、これだけの額を何の違和感もなく払っていたであろうことを考えると恐ろしいものがありますよね。

仲介手数料が有料だった場合は値引き交渉ができる?

最近は仲介手数料無料の不動産会社が増えているとはいえ、まだ大多数の業者は手数料を上限額に設定しています。では、この費用を値切ることはできるのでしょうか?答えは「不可能ではないが難しい」です。

仲介手数料は不動産会社の直接的な利益となるものですから、多くの業者は値切られることを嫌がります。仮に値切れたとしても、あまり大きな金額は期待しないほうがよいでしょう。また、値切り交渉をする場合はマンション契約前におこなうことをおすすめします。営業マンもその手数料が入ってくる前提で契約をおこなうわけですから、契約後に値切られるといい気はしませんし、成功率も下がってしまいます。

中古マンション購入費用を少しでも安くしたいのなら、仲介手数料以外の部分で値切り交渉をおこなうことをおすすめします。長期間売れ残っている物件などは売り主も早く売却してしまいたいと考えているので、交渉次第でマンションの売値を下げてくれるケースも多いです。交渉材料が見つかれば積極的に狙っていきましょう。

最初から仲介手数料無料の不動産会社を選べば楽!

02

中古マンションの購入費用を抑えるには、仲介手数料が無料の不動産会社を利用するのも有効な方法です。手数料が無料の業者は年々増加していますし、ネットで検索すれば簡単に見つけられるでしょう。数十万円近く安く購入できるのは嬉しいですよね。

ただ、仲介手数料無料だからと安易に飛びつくのは危険です。企業努力として手数料無料を実現しているのならば問題はありませんが、代わりに他の費用を不必要に上げて手数料無料を謳うような悪徳業者も存在しているからです。

悪い不動産会社を見抜くには営業マンの態度を観察してみましょう。こちらの質問に誠意を持って答えてくれるかどうか、押し売りのような形で物件をすすめてこないか、などです。こういった不動産屋は手数料無料かどうかに関わらず避けたほうが無難でしょう。最悪、契約後に何か不備があってもフォローしてくれないような業者もいます。

また請求書の明細を見て、必要な費用がしっかり明記され、支払いがおこなわれているかもチェックしましょう。一見しただけでは分からないことも多いかもしれませんが、営業マンに質問して全て把握しておくことをおすすめします。大きな買い物だからこそ、準備を大切にしましょうね。

おわりに

今まで仲介手数料について何も疑問を持たずに支払いをしてきた人も多いのではないでしょうか。手数料無料の会社と有料の会社を比較すると、支払総額に100万近い差が生じることもあります。

少しでも安く中古マンションを購入したい場合、仲介手数料は必ずチェックしておきましょう。