• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム
中古マンション仲介手数料無料TOP > マイホームブック(byスターフォレスト) > 不動産売買お役立ち > 千葉にある中古マンションを購入するときの賢いポイントと注意点

2016-12-28

千葉にある中古マンションを購入するときの賢いポイントと注意点

01


「ベッドタウン」という言葉が急激にメジャーになったように、東京郊外の住宅需要は近年で一気に高まりました。東京ではマンションや戸建てを購入できない人や、都内への便利なアクセスは欲しいけれどできるだけ静かな環境で暮らしたい人などが、こぞって東京郊外に住居を求めたからです。

千葉県もベッドタウンとして強い人気があるエリアです。東京に隣接しており、必要なときに簡単に都会へ出かけられますし、千葉県自体も開発がどんどん進んでいるので、生活の利便性は大きく上昇しています。ファミリー層に特に人気がある地域です。

この記事では、千葉県で中古マンションを探している人に、ぜひ参考にしてほしい情報をまとめました。千葉県の中古マンションの特徴や人気エリア、取引価格、また、千葉県に住むことのメリット、デメリットについても解説しています。

千葉の中古マンションの特徴

千葉県は近年急速に都市開発が進んでいるとはいえ、まだまだ自然が豊富な街並みが見受けられる、とてもバランスの整った地域です。都会の喧騒からは離れて暮らしたい、でも生活の利便性はそこまで捨てたくないという人には特にオススメです。

また、比較的低価格な中古マンションが多いことも見逃せません。同じく東京のベッドタウンとして人気の神奈川や埼玉に比べると、同じ条件の物件でも1000万円近く安く購入できることもあります。

ただ、千葉県の中心街からあまりに離れすぎると交通の便が非常に悪くなるので注意が必要です。地方のほうに行くと、そもそも中古マンションが販売されていないこともあるので、実際に住めるエリアはある程度絞られてくるでしょう。

千葉の中古マンションの人気エリア

02

千葉県の中古マンションの人気エリアとなっているのは、船橋市、市川市、松戸市、柏市、そして千葉市です。これらのエリアを価格面で比較すると、市川市が少し抜き出ており、他のエリアではそこまで大きな違いがありません。また、浦安市も強い人気がありますが、他の人気エリアと比べてやや取引価格が高めなのが特徴です。

それでも神奈川県などと比べるとかなり取引価格は控えめで、80平米程度なら2000万円、100平米なら3000万円あれば十分な数の中古マンションから選ぶことができるでしょう。

千葉の住みやすさは?

上に挙げたエリアならば東京駅まで30分程度で行くことができます。また、市川市や船橋市なら東京駅まで乗り換えなしで移動することも可能です。アクセス面では申し分ない環境だと言えるでしょう。

千葉県は落ち着いた環境の地域も多く、住みやすく感じる人が多いのではないでしょうか。

千葉の中古マンションのメリット

やはり取引価格が控えめなことが大きなメリットだと言えるでしょう。千葉県にある中古マンションの価格面の特徴として、どのエリアで選んでも価格に大きなバラつきがなく、希望の物件を場所に縛られずに探せるという利点があります。

交通や生活の利便性も十分に確保されており、さらに自然も豊富にある場所が多いので、家族で暮らすには申し分ない環境です。他には成田空港が近くにあるので、空路を利用しやすいというメリットもありますね。

千葉の中古マンションのデメリット

通勤時には非常に電車が込み合います。東京に職場がある場合、毎朝の通勤ラッシュはとても辛く感じるかもしれません。それでも東京駅直通で30分前後は大きな魅力ですね。

もう一つのデメリットとして、他の東京隣県に比べると娯楽面で不満を持つかもしれません。東京まで出てしまえば何の問題もないのですが、千葉県はまだまだ開発途中なため、娯楽施設などはそれほど充実していません。若い人たちにはやや辛い環境かもしれませんね。

おわりに

千葉県は低価格で質の良い中古マンションが多いので、30代のファミリーが物件を探すにはうってつけの土地です。都内へのアクセスも十分ですし、非常に住みやすい環境だと言えるでしょう。ぜひ検討してみてくださいね。