• TOP
  • 住宅購入
  • リフォーム・リノベーション
  • お金・制度
  • 地域紹介
  • コラム

お役立ちコンテンツランキング

2014-02-17

「申込証拠金」と「手付金」の違い

住宅購入前に支払う「申込証拠金」と「手付金」はそれぞれ異なる意味合いを持ちますが、それぞれの違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。 「申込証拠金」と「手付金」の違い、そしてそれぞれの支払いや返還に関する注意点について解説していきます。 ●申込証拠金 申込証拠金は物件を購入する意志がある場合に支払うため、申込証拠金は仮契約ではないため、申込証拠金を支払ったということは購入…

続きを読む

2014-02-17

住宅ローンの資金計画のポイント

住宅ローンを利用する際、借入限度額はいくらかで考えるより、毎月どれくらい返済が可能かを基準にして資金計画を立てます。 住宅購入、および住宅ローンを組む際の資金計画のポイントを項目ごとにまとめました。 ●頭金の金額 住宅ローンは不動産価格の100%を借り入れることも可能ですが、借入額が増えると金利がかかる金額と返済年数が増えてしまうため、必然的にトータルの返済額が増えてしまいます。 返済…

続きを読む

2014-02-17

公的ローンと民間ローンそれぞれの特徴

住宅ローンの借入先は、大きく分けると公的ローンと民間ローンに分かれます。 公的ローンと民間ローンそれぞれの特徴を解説していきます。 ●公的ローン 公的ローンには財形住宅融資と自治体融資があります。 財形住宅融資は財形貯蓄を1年以上継続、かつ貯蓄残高が50万円以上ある方が利用できる住宅ローンで、借入可能額は財形貯蓄残高の10倍の額と定められており、最高4,000万円まで借り入れることが可…

続きを読む

2014-02-17

住宅ローンの3種類の金利タイプ

住宅ローンの金利は主に「完全固定金利型」「変動金利型」「固定期間選択型」の3種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。 住宅ローンには複数の商品を組み合わせるタイプなどがありますが、これらの3種類の基本的な金利タイプについて解説したいと思います。 ●完全固定金利型(全期間固定金利型) 完全固定金利型は文字通り金利が固定されているタイプで、借入時の金利が変わることがありません。 金利…

続きを読む

2014-02-17

媒介契約の仲介手数料の上限値

●仲介手数料の上限値 不動産会社と媒介契約を締結した場合、仲介手数料が必要となります。 媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類がありますが、いずれの契約形態でも上限値は共通となっています。 仲介手数料は以下のように金額に応じて上限値が異なります。 200万円以下の部分・・・5% 200万円超400万円以下の部分・・・4% 400万円超の部分・・・3…

続きを読む

2014-02-16

3種類の媒介契約の違い

不動産会社に売買を依頼する場合、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類のの中からいずれかの媒介契約を結びます。 それぞれの媒介契約によって特徴が異なります。 ※媒介は仲介と同じ意味です。 ●専属専任媒介契約 専属専任媒介契約は「専属」という言葉が付いている通り、特定の不動産会社と専属契約を結びます。 依頼主は専属契約を結んだ不動産会社が紹介する買い主としか契約が…

続きを読む

2014-02-16

住宅性能評価書の項目

●住宅性能評価書とは? 住宅性能評価書は住宅の性能評価のルールを定めた住宅性能表示制度に基づいて発行される書類で、「1」「2」といった数値・等級で住宅の性能を分かりやすく評価しています。 住宅性能表示制度が出来る前は各社で評価する住宅の性能が異なっていたため分かりづらかったのですが、制度が出来たことによって評価の基準が生まれ、基準に基づいた公平な評価が可能になりました。 住宅性能評価書は以下…

続きを読む

2014-02-16

中古住宅(戸建て・マンション)見学時のチェックポイント

中古住宅は新築住宅と違い、老朽化が進んでいる箇所の修繕が必要となったり、物件の購入費だけでなくリフォームの費用も発生するケースが多いです。 中古住宅を見学する際にチェックしておきたポイントをまとめました。 ●水回り設備のチェック キッチン、浴室、洗面室、トイレなどは毎日使いますし、水を使う場所なので老朽化が進みやすいです。 また水漏れが発生している場合もあるため、見学時に老朽化の具合や…

続きを読む

2014-02-16

不動産広告を見る時に気をつけたい不当表示

●不当表示の禁止 不動産広告は宅地建物取引業法によって、誤解を招く表示や誇大表現といった不当表示が禁止されています。 実際の物件よりも優良であると見せかける表示が禁止されていますので、不当表示されている不動産広告には要注意です。 また、売却する意志がなかったり実在しない物件を掲載することは「おとり広告」にあたります。 ●気をつけたい誇大表現 不動産広告では「最高」「最上級」といった言…

続きを読む

2014-02-16

不動産広告に関する基礎知識

新聞の折込チラシや不動産情報サイトに掲載されている不動産は、様々な不動産情報が掲載されています。 不動産を見比べるために、不動産広告に掲載されている情報のチェックポイントを解説していきます。 ●徒歩◯分 最寄り駅まで歩いてかかる時間が、◯◯駅徒歩◯分といった形で掲載されています。 注意したいのは「80メートル=1分」で掲載されているため、必ずしもその徒歩時間で駅までアクセスできるわけで…

続きを読む

2 / 41234